旧車(HONDA Z360)自転車など。気ままに。


by ab-acry
お久しぶりです。Ab-acryです。

Zさんが直ってからいろいろなところへ出かけています。
秋は暑くも寒くもなく、紅葉がきれいでドライブにもってこい。

Zでのドライブのほかに、アウトドアが最近のマイブームでして。
バーナーで料理してみたり、火打石からたき火を熾してみたりといろいろやっております。

今回紹介するのは、
1.Z360の高速道路走行試験とETC車載器の加工について
2.紅葉とZ360の写真
の二本立て。

1.Z360の高速道路走行試験とETC車載器の加工について
排気量360㏄のZ360は現代の車に比べてパワーが出ません。御年40を越える老体に鞭打って高速道路走らせるのは、何かあった時に困る・・・と高速道路走行は敬遠しておりました。
 ところがドライブを重ねるうちに、広い国道で流れに乗っていたりすると60~70km/hで連続走行しているのなら、高速道路で80km/hで走っていても問題ないのでは?と思うようになり、一度走行テストをしてみることにしたのでした。
 実験したのは岐阜県恵那市から愛知県豊田市までの区間。多少のアップダウンはあるものの最大傾斜5%程度の区間です。
 で、実際に走ってみました。
結論から言いますと、80km/hで走る分には何ら負荷がかからず、むしろ調子が良い感じ。4速の私のZでは80km/h前後で走るとちょうどベストな回転数に落ち着くので(z360の最も効率のよい回転数は6500~7000rpm)一般道を5000rpmで50km/hほどで走っているよりも
振動や音が小さい気がします。高速を降りたあとも、エンジンの吹き上がりが良くなった感じ。ぼそぼそと走っているよりもいい印象です。
 合わせて最高速度実験も行いました。平地でレッドゾーンの10000rpmまで回して110km/h、下りで120km/h、登りで100km/hといったところでした。さすがに10000rpmまで回すと振動が大きくなってくるため怖くて実運用では出せませんね(^^;)

 というわけで味をしめたので、以後高速道路は積極的に使うようになりました。街乗りなどで止まって動いてを繰り返したり、山の坂道を登ったりすることに比べれば高速のほうがエンジンにやさしい気がする。

ちなみに、燃費は20km/hを記録しました。最高記録です。わりと走るんですよ。この子(笑)

 さて、そこで出てくるのが高速道路通行料。当然40年も前のくるまにETC車載器が乗っているわけもなく。現金で走行をしていましたがさすがに休日の50%オフは大きい。そこで、取り外しが容易にできるよう、シガーソケットから電源をとる車載器をヤフオクで調べてみました。送料と登録料金含めて5000円で調達できそうだったので、思い切って購入しました。
とどいたのが、こちら。ホンダアクセスのアンテナ分離型です。

a0148456_20265036.jpg


アンテナ分離型、わかっていはいたけどアンテナのケーブルが長すぎます。邪魔です。取り外し前提なのに、これはいただけない。

短くしちゃいました。

いやー、専用工具なしでアンテナケーブルを加工するのはとても難しかった。
一応加工途中の写真をアップします。
a0148456_20271593.jpg


a0148456_20265297.jpg

a0148456_20265478.jpg

a0148456_20265711.jpg

a0148456_2027076.jpg


アンテナ芯のところのパーツを開いてまた取り付けるのが難しかった。ラジオペンチとコンパスの針で格闘すること2時間の成果です。

取り付けてみた様子がこちら。

a0148456_20271668.jpg

ちょっとケーブルの配線が不恰好ですが、高速乗る時だけ取り付けるのでよし。普段はボックスの中にしまっておきます。

車載器の下には地震の揺れを抑えるゴムを貼ってます。(100円ショップ)わりとしっかり乗っかってくれますよ。
a0148456_20271650.jpg


なかなかにコンパクトでよろしい。

ETCのアンテナは取り付ける向きとか位置とかが厳密に決まっているそうですけど、この取付方法で今のところ4回の乗り降りで問題なく動作しています。そんなに気にしなくて良いのかも。(もし参考にされる方がいたら自己責任でね)

 高速道路を走行しているときのコツは5%前後の上り坂を前にしてある程度回転数を高めに持っておくことでしょうか。坂を上り始めて回転数が落ちて速度が上がらなくなってからいくらアクセルを踏み込んでももう手遅れです。ぼそぼそしちゃって上がっていきません(笑)



2.紅葉とZ360の写真
オレンジ色がよく映える。
a0148456_2027284.jpg

a0148456_2027562.jpg

a0148456_2027859.jpg

a0148456_20271142.jpg

a0148456_20271219.jpg

a0148456_20271464.jpg


アウトドアなんかもやってみたり
a0148456_20271761.jpg

a0148456_2027186.jpg

a0148456_20271916.jpg

[PR]
# by ab-acry | 2014-11-29 20:12

z360とアウトドア

こんにちは、ab-acryです。

この週末にz360に乗ってキャンプと登山に行って来ました。

長野県南部の山林にある無料キャンプ場で一泊の後、中央アルプスの南端に位置する恵那山へ登り山頂で一泊。

とても静かで、星が綺麗な夜でした。

恵那山山頂は氷点下6度まで冷え込みましたが、苦労して重い防寒着を担いで行ったおかげで暖かく過ごせました。



a0148456_8184491.jpg

a0148456_8184467.jpg

a0148456_8184577.jpg

a0148456_8184680.jpg

a0148456_8184734.jpg

a0148456_8184746.jpg

a0148456_8184851.jpg


おまけ。
z360のリアハッチ、バネを外してあるので手で支えていないとハッチが閉じてしまうのです。
ここで活躍するのが、100円ショップのつっぱり棒。
100円のわりに良い仕事しますよ(^^;;
a0148456_8184940.jpg

[PR]
# by ab-acry | 2014-10-21 08:12

納車後のいろいろ

こんにちは、ab-acryです。

さて、念願のz360が納車したわけですが、実用にあたっていろいろ気になるところがありました。

その1。
シートがとても蒸れる。
当時の合成革のシートは全く水を通さないようで、長時間乗っているとお尻と背中が汗でビショビショになってしまうのです。
この車に始めて乗せてもらったときからずっと懸念していた事。
ついに実用する時がきたのであれこれとお店を物色しながら通気性アップの方法を検討しました。

その結果行き着いたのがこちら。

a0148456_1247062.jpg


カインズホームオリジナルブランドのメッシュ構造のマット。
それを紐でシートにくくりつけております。
ちなみに、お値段1300円ほど。
1cmほどの厚みがありかなり通気性は良さそうです。
しかしながら、マット一枚では湿気を受けるには限界があったようで、かなり改善はしたものの、まだ改善の余地はある。

そんなことを思いながら100ショップをうろついていると、なんと同じ構造の座布団が売っているではありませんか!
厚みは半分の5mmほどですが、お尻と背中に追加で一枚ずつ挟んでおります。
これでかなり通気性アップ。ほとんど気にならないレベルになりました。

その2。
野外保管による日光劣化

現在の勤務上、生家を離れて会社の寮で生活しているのですが、当然ガレージはありません。
なので必然的に屋外保管となるのですが、プラスチック部品に日光は大敵。内装がボロボロになった古い車をいくつ目にしたことか…。
というわけで、日光対策が急務となったわけです。
こちらも100円ショップのお力を借りまして。

a0148456_1247132.jpg

a0148456_1247189.jpg


普通車用の反射財を折り込んで使っています。サイドガラスの部分は半分に切ったものを磁石で固定。これでほとんど日光の侵入を防ぐことができます。

さらに、雨晒しによるボディのサビを防ぐために、オーダーメイドでボディカバーをつくってもらいました。3万円ほどしましたが、ピッタリサイズで使い勝手が良さそうです。

a0148456_124723.jpg


その3。
後部座席後ろのスペースについて。

z360ハードトップは予備タイヤを後部座席後ろのスペースに収納するようになるわけですが、タイヤむき出しの状態で荷物を置くにも凹凸があって不便です。それに見た目がよろしくない。
お手軽にそれっぽく見えるようホームセンターで物資を調達、設置してみるとこれがドンピシャサイズでいい感じになりました。
a0148456_1247379.jpg

a0148456_1247540.jpg

a0148456_1247520.jpg

プラボック500円×2、5mmの合板300×900mm400円×2、マット500円×1をほとんど加工もせずに設置しただけで、わりと様になっているでしょ?
(^^;;

現在数回の給油を行いましたが、街乗り、二人乗り、山越え、などのシチュエーションでそれぞれ15km/Lの燃費(満タン法)を記録しています。
今のところ最高燃費は19km/L。
現代車にひけをとらない燃費。
ポイント高いぜ、z360!

これから長い間お世話になります。
[PR]
# by ab-acry | 2014-10-02 12:17

ブログ再開

お久しぶりです。
ab-acryです。

かれこれ半年近くブログを放っておいてしまいました。一度投稿に抵抗を感じてしまった時から、なかなか踏み切るタイミングが掴めず、次回予告の足枷もあってこんな長期間放置する結果になってしまいました。

次回予告をすると更新が止まる、というジンクスが現実のものとなってしまいました(^^;;
もう、思ったことを思い立ったその時に投稿していくような、気まぐれなスタイルで再スタートを切ろうと思います。

さて、前置きが長くなりましたが半年間でいろんな物が直りました。

まず一つ目が、次回予告していた自転車。これ、すっかり直って二回ほど泊りがけの旅をしました。

テントなんかの野宿グッズを積み込んで峠を越えた時の写真。
a0148456_2127339.jpg


その自転車も、やっと1000km走ったど、というところで軽い事故を起こしてしまい(幸い人身事故には至らなかった)、フロントフォークが歪み乗れなくなってしまいました。(結局フロントフォークを交換して復活していますが)

長距離のサイクリングをするにつれて、ちゃんとしたロードバイクが欲しくなっていたこともあり、思い切って新規購入を考えて自転車屋さんを巡っているときに一目惚れした自転車がこちら。
a0148456_2127410.jpg

アメリカの自転車メーカー、トレックの16年ほど前に生産されていたカーボンフレームのロードバイク、『Y-FOIL 77』当時55万円したというこの特徴的な自転車に惚れてしまい、展示してあったものを店長と交渉して購入。

サドルやハンドル、その他もろもろ趣味に合わせてパーツを買い揃えていったところ、最終的に中古の軽自動車が買えるほどの出費なってしまいました。
そしてかれこれ、この自転車で1000kmほど走ったところです。
a0148456_2127620.jpg

海に、
a0148456_21271144.jpg

山に、
a0148456_21271329.jpg

ダムに、いろんなところに行きました。

さて、そしてこのほど、ついに学生の頃から手をかけていた古い車、昭和49年初期登録のホンダz360が長い修理を終えて納車となりました。

a0148456_21272181.jpg

いやあ、長かった。
学生のときに購入して、置いておく物置の整理から始まり、なんとか分解したところで、卒業就職、それから友人宅に預けて面倒を見てもらい、今年に入ってようやく板金塗装が終了。今月に入り、最終調整を終えて納車に至りました。この間五年。ようやく夢が叶いました。

a0148456_21271494.jpg

豊田市在住ということもあって、記念にトヨタ自動車本社ビルで記念撮影。あえてトヨタのお膝元でホンダ車に乗るのです(^^;;

a0148456_21271676.jpg

この車でも、海に行ったり

a0148456_21271758.jpg

山にいったり

もう40年も前の車ですが、思ったほど不便は感じないです。なんと、燃費も最高で19km/Lと現代のエコカー並みに走ります。冷房が無かったり音や震度が大きいのはご愛嬌ということで(^^;;

そんなこんなで、乗り物をあれやこれやと変えながなら気まぐれに旅をしている今日この頃です。
独り身のうちに、今しか出来ないことをやろうと日々アクティブに生活してします。


熱帯魚の飼育記録から始まり、水草、濾過装置制作、旧車、自転車、そして旅。私の趣味を追ってテーマがコロコロと変化するブログではありますが、今後は気まぐれに旅の記録を残すようなスタイルで、不定期に更新していこうかと思います。
ときたま思い出したように覗いて頂ければ幸いです。
[PR]
# by ab-acry | 2014-09-19 20:52
こんにちは、ab-acryです。

週末になるとサイクリングに出かけて、もうかれこれ修理した自転車で900kmほど走行してしまいました(^^;

サイクリングのレポートも投稿したいところですが、まずは予告していた自転車修理のレポートを。

さて、ずいぶんと間が空いてしまいましたが、自転車修理レポート3:「ホイール組」です。

a0148456_1723333.jpg

こちらが自転車のホイールです。

パンクしたタイヤとチューブはすでにはぎ取ってあります。
後輪なのでフリーがついています。劣化したチェーンガードは取っ払って捨てました。

スポーク一本一本をニップル回しなる工具で外します。

a0148456_17255110.jpg

(写真の右端に写っている2つがニップル回し。様々な形があるのです。)

a0148456_17263978.jpg


ばらしました。

この自転車、マウンテンバイクということもあって、スポークの数がいわゆるロードバイク系の自転車のホイールより多いです。ママチャリとかと同じ一組36本。前後で72本。

a0148456_1730441.jpg

(ピンボケしててスミマセン・・・)

きっと放置される前からあまり洗車とかはされてなかったんだろうなぁ、リムのところの汚れはなかなか(^^;

a0148456_17314180.jpg


これは車輪の軸、ハブです。これも汚れというよりもあるアルミの錆びでざらざらですね。磨きがいがあるというものです。わくわくしてきた。

a0148456_17334338.jpg

まずはスポークから磨いていきます。
ステンレスたわしでごしごししごいた後に、研磨剤(ピカール)を付けた布でふいて仕上げます。
どうです、この二本の違い!ぴかぴかになったでしょう?

わかりずらいですね(^^;



a0148456_1733972.jpg


ではあらためて、こちら、磨いたものと、これから磨くもの。
こうやって並べてみるときれいになったのがわかりますよね。
ちなみに、このスポーク、ステンレス製なので基本的にほとんど錆びていません。
メッキのスポークとかだとメッキがはがれて錆びちゃったりするんですが、さすがはステンレスなかなかに優秀です。

a0148456_17403089.jpg

a0148456_17411943.jpg

お次はハブ、こいつはステンレスブラシでごしごし磨きました。細かい溝が掘ってあるので安心してサビトリできます。鏡面処理してあるアルミだと傷だらけになっちゃうので。

びーふぉー

a0148456_17422515.jpg

a0148456_17425533.jpg


あふたー

この、ぴかぴかになる感じが好きなんですよね。クセになると言うか(^^

a0148456_17443685.jpg


リムのビフォーアフターの写真撮り忘れてました(^^;
リムとハブとスポークを磨き上げて組立の準備完了。
さあ、ホイールを組み立てるぞ!

a0148456_17463959.jpg


ざっくりと仮組、スポークの組み方にもいろいろ種類があるそうですが、一般的なJIS組という組み方で組んでありました。法則さえ押さえてしまえばあとは同じように繰り返すだけ。ばらけないように初めはバンドで固定しつつ組みました。

さて、仮組が終わったところで、スポークにテンションをかけていくのですが、このまま何も考えずにガツガツニップル回しでテンションをかけていくと力が均等にかからずにリムがぐにゃぐにゃに歪んでしまいます。
均一にテンションをかけて、ブレを修正しながら本組をしなければならないのです。
そのためにこんなものを作りました。

a0148456_17482216.jpg

a0148456_17483758.jpg

a0148456_1749045.jpg


自作、振れ取り台。買うと結構なお値段がするのでちょちょっと作りました。
ほんとはミリ単位で調整するのでざっくりとしたつくりじゃ心もとないのですが、まぁ、多少歪んでいてもなんとかなるでしょう。

柱についているボルトで左右の振れを、下についている部分で上下の振れをチェックします。

そんなわけで、組立。
a0148456_17522554.jpg


しゃー

なかなか良い感じに仕上がりました。

じつはここに至るまでに4回くらい失敗しては組みなおしてを繰り返し、さらにはテンションのかかり具合を確認するために、1万円くらいするテンションメーターという測定器具を買ったりしたのはまた別のお話(^^;
失敗してコツをつかむまでは正直かなり手間取りました。

a0148456_17554158.jpg


そんなこんなで前後のホイールが組みあがりましたとさ。
ちなみに、分解、清掃、台自作、トライ、テンションメーター購入後リトライと、結構手間と時間がかかってたりします(^^;

a0148456_1758618.jpg

a0148456_17583328.jpg


そのほかにクランクを磨いてみたり、その他小物を磨いたりしてました。

さぁ、大きなものは大体きれいになったぞ、いよいよ自転車を組み立てる段階だ!

次回へ続く。
[PR]
# by ab-acry | 2014-05-25 18:04 | 自転車