旧車(HONDA Z360)自転車など。気ままに。


by ab-acry

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お気に入り工具の紹介

こんにちは、ab-acryです。

今回は次回予告にはありませんでしたが、BB分解に使用した工具の紹介をします。

BB分解用の特殊工具、というわけではないので汎用性が高くて便利です。

さぁ、その工具がこちら。

a0148456_10382364.jpg


クニペックス プライヤーレンチ (メイドイン ドイツ)

プライヤーレンチという工具の名前はあまり一般的ではないですよね。

プライヤーと言えばペンチのような挟む工具を想像します。
レンチと言えばボルトを締めるときに使う工具ですね。

このプライヤーレンチは、挟むと回すの両方に特化した工具なのです。

テコの原理がうまく使われた先端の挟む部分は、握る力の10倍の力で挟むことができるとのこと。

開閉できる幅が調整可能で0㎜から35㎜程度まで調整が可能です。

さらに、挟む部分は平行を保って開閉するようになっているため、ナットを挟むと面に均等に力がかかるので、ボルトをなめることがありません。

これを使うと、

・一つの工具でほとんどのボルト、ナットは締めることができる。
・さまざまな素材を挟んで、固定したり、引っ張ったり、曲げたりできる。
・アルミパイプなどはフラットにつぶすことができる。

なので、まさに、プライヤーとレンチの役割を1つでこなすことができます。

モンキーレンチのように、ガタガタとゆるんでうまく回せなかったりすることがないのも良い。

少し高い(ネットで6000円ほど)しましたが、これは買ってよかった。

力ずくで固着したボルトを外したりする必要があるレストアなどには大変重宝するはず。

a0148456_10495253.jpg


固着してしまって、モンキーとレンチだけではどうしても分解することができなかったBBもこのプライヤーレンチを使ったら、拍子抜けするほど簡単に分解できてしまいました。

愛用の工具として大切にしていこうと思います。
[PR]
by ab-acry | 2014-04-25 10:51 | 自転車
まったりと気ままに更新していきますよ。

それでは、自転車修理レポート2:「分解工具等作成」です。

自転車をこいだとき、ラチェットのように一方方向にしか歯車が回らない仕組みなっていることはご存じでしょうか。
一輪車みたいにペダルと車輪が一体化していると、スピードが出ているときはものすごい勢いでペダルをこぎ続けないといけなくなってしまいますよね。

歯車の回転方向を制限する部品(ラチェットのような働きをする部品)が「フリー」です。

a0148456_2045439.jpg


この黒いところです。

後輪の歯車をスポッと抜くとこのようになってまして、車輪の軸受(ハブ)にねじ止めされています。

こいつをバラバラにするためには特殊工具「シマノ TL-FH20」というものが必要なのですが、残念ながら現在はもう製造されていないとのこと。

これがないと分解ができないのです。
分解ができないと言うことは、清掃もグリスアップもできないと言うことです。

それじゃぁ、直したとは言えない!壊れたときに直せない!ということで、あきらめ悪くいろいろと調べてみました。

ネットの海をさまよっていると簡単な工具なので自分で作ってみたという記事が何件かあったので早速トライ!

a0148456_20141929.jpg


さて、それではさっそく材料を調達してきました。
使うものは大きめの六角ボルトを締めるアレ。(名前がわからない(^^;))

こいつをボール盤にセットしてぎゅいーんと回しながらやすりで削ります!

a0148456_20153075.jpg

なぜかと言いますと、この手に持っているのがフリーで、ここにスポッとハマるような外径にしたいからです。

が、さすが工具だけあってめちゃくちゃ硬度が高い。ちっとも削れない。

a0148456_20143521.jpg


イライラしてきたのでステンレスカット用の切断砥石を買ってきてディスクグラインダーで押し付けながら削りました。とても派手に火花が散りました。

a0148456_2015485.jpg


うむ、すっぽり収まる径になった。

a0148456_2016052.jpg


お次はネジを引っかけるための出っ張りを作ります。万力に挟み込んでグラインダーで削り切ります。
やっぱり硬い・・・。時間をかけながらじわじわと削って調整していきます。

a0148456_20161913.jpg


こんな感じに仕上がりました。

フリーの中の蓋のような部品がねじ込まれているのでこれで外すわけです。

a0148456_20163138.jpg


すっぽりと入っていい感じ。実際に中の部品を緩めることもできました。

と、ここまで作って満足してしまいまして。(^^;

分解してグリスアップを今しなくとも、今のところ問題はない、ということで回転に渋みが出てきたらばらすことにします。なんかもう、いつでもやれると思ったら気が抜けちゃって。


フリーはこれにて対応終了。ぐちゃぐちゃになっている汚いグリスをきれいにふき取って組み立てるまで保管。

次回は最初の予告にはなかったですが、BB分解のために購入した工具の紹介でも。

それでは、また次回お会いしましょう。
[PR]
by ab-acry | 2014-04-10 20:36 | 自転車