旧車(HONDA Z360)自転車など。気ままに。


by ab-acry

<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ミニs解体

4月から、住み慣れた北信州を離れて名古屋の方へ引っ越すことになったab-acryです。

引っ越しのために、
1.どんがらにされて完全放置されていたホンダZ360を動けるようにする
2.コケがひどく放置されていたミニsを解体する
これらを行いました。

1.はまた後日報告するとして、今回は2.ミニsの解体について報告したいと思います。

a0148456_2223053.jpg


こちらが現在のミニsです。
いつからだったか、肥料バランスが崩れたらしく急激に藻類が増えてしまいました。
藻類が植物を覆い尽くす勢いで増えていたのでヤマトを10匹近く投入してなんとか持ちこたえていました。
アヌビアス・ハスティフォリアが巨大化してもはや完全に水上化しています。ライトよりも葉が上にある^^;

家を離れるためもうこの水槽は管理できません、ですから、思い切って解体します!

a0148456_22263799.jpg


水を抜いて水槽を下す

a0148456_2227211.jpg


2株あるハスティフォリアをぐっと握って引っ張り上げると、見事に水草部分が引き抜けましたw
根のしっかりと張るクリプトコリネ・ルーケンスとアヌビアス・ハスティフォリアが根を水槽中に張り巡らせていたせいでこのように形を保ったまま引き抜くことができたのでした。

a0148456_22283567.jpg
a0148456_22284283.jpg
a0148456_22284987.jpg


すごく、おおきいです。ハスティフォリアがこんなに大きくなるなんて。

a0148456_22293624.jpg

小さいハスティの株をちぎって洗います。

a0148456_223051.jpg
a0148456_22301761.jpg


うわぁ、すごい根っこ。

a0148456_22305564.jpg


とまぁ、こんなぐあいに引っこ抜いて、根っこを洗って選別して。
ずっとお蔵入りしていたプラントグラスに園芸用の土を入れてそこに再び植えました。
ハスティは完全に水上化していたのでおそらく大丈夫だと思います。


a0148456_22311793.jpg
a0148456_22312365.jpg


こんなぐあいになりました。
水上葉なら観葉植物のような管理で十分なので、家を離れても家族にお願いしてなんとか維持できそうです。

もう途中から面倒になって適当に植えるというよりも埋めるように水草をねじ込んでしまったので、あとは水草の生命力を信じて安定するのを待つだけです。
このプラントグラスが草で埋め尽くされるのといいなぁ。



a0148456_22351180.jpg

クリプトコリネルーケンスがたくさん余ってしまいました。
a0148456_22351884.jpg

プラントグラスに植えられる量には限度があります。
a0148456_2235243.jpg

もったいないあなぁ、ということで!
a0148456_22353289.jpg

梱包してみました
a0148456_22353833.jpg


「余ったクリプトコリネ・ルーケンス複数株」を抽選で1名様にプレゼントします!
このままこれを封筒に入れて送るだけの簡易発送なので、品質は保証しかねますがたぶん大丈夫でしょうw
今日の午前中に梱包してしまったのでなるべく早いうちに発送したいと思います。

どうせならもらっておく!
という方は、27日(火)の朝9時までに非公開コメントで、名前・郵便番号・住所を投稿してください。
抽選で1名の方にお送りします。送料もこちらで持ちますので、お気楽にご応募ください。


おまけ
a0148456_22435944.jpg

ミニs水槽を洗っていたら、水槽の角を流しにぶつけてしまって欠けてしまった・・・・
[PR]
by ab-acry | 2012-03-26 22:46 | 水上栽培
お久しぶりです、何とか本年度最後の山場を乗り越えることができました・・・・!

ふぅ

さて、次回予告をしてからずいぶんと時間がたってしまいましたが、旧車にかかわる出来事をお送りします。

旧車をいじるにあたって、組み立て説明書のようなものがあると大変作業がしやすいのです。

古いものを直して使おうとする場合、修理と言えば分解して洗浄、あるいは補修して組み立てることをいいます。

たいていの場合、形やネジの場所や留め具の場所からどのように作られているのかを想像して、分解していきますが、中にはどのように作られているのか想像できないようなものもあるわけです。

このとき、それがどのような部品でどのように固定されているのか、を知ることができれば作業効率は飛躍的に上がるのです。

言ってみれば、修理というのはレシピのない料理を食べただけで再現するような、あるいは説明書のないプラモデルを組み立てるような、そんな作業なわけです。

メーカーが車を作ったり、街の車屋さんが車を整備するためには、やはりこの説明書というものが必要になるわけで、すべての部品が構成図付きで書かれているパーツリストと呼ばれるものや、整備の方法が書かれた整備書、と言われるものが各車にはあるのです。

それらはメーカーや車屋さんが管理していて一般には出回らないため、状態の悪いものでもオークションでは高値がついたり、そもそも出てこなかったりするのです。

そんな、自動車の説明書が、なんと・・・・・・・・・・!!

いつもお世話になっている友人Y宅で発見されたというのです!!!!

Z360の『パーツリスト』『サービスマニュアル』『新車解説書』という貴重な冊子が出てきたそうで、早速見せてもらいました。

すごい、夏に試行錯誤してやっと知った部品の構造が一目でわかる・・・・!


a0148456_16245972.jpg
a0148456_1625819.jpg
a0148456_16251489.jpg



Y氏にいつでも見ていいよ、と言っていただけたので手に入れたも同然!自分のものでなくても見ることさえできればよいのですから!

今後の整備に大変役立つアイテム発見の報告でした^^;

本当にY氏にはお世話になりっぱなしです、いつもありがとうございます^^;
そしてこれからもよろしくお願いします(笑)。
[PR]
by ab-acry | 2012-03-11 16:33 | クラシックカー