旧車(HONDA Z360)自転車など。気ままに。


by ab-acry

<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ミニs

そういえばほとんどミニsについての記事を書いていませんでした。

放置したりリセットしたりしたミニsが結局行き着いた先は・・・・・

a0148456_2224140.jpg


こんなんでした^^;

相変わらずアクリルがコケまみれで見苦しい・・・

アヌビアス・ハスティフォリアの欠片が立派な株に復活しました。

a0148456_22291056.jpg


もう復活しそうに無かった欠片もこのくらい復活。

a0148456_2229563.jpg


葉っぱが水面近くまで展開してます。栄養がたりないのか葉脈以外の葉が黄色っぽいです。

a0148456_22324678.jpg


ヒーターも先週だしました、急にさむくなりましたからねぇ。

足元から暖かくすると水草の成長が目に見えてよくなるのです。





予告

来月の頭あたりに、もしかしたらノスタルジックな記事を投稿するかもしれません^^;

[PR]
by ab-acry | 2010-09-25 22:38 | 水槽観察

オーバル17解体

ひと夏の間楽しませてもらったオーバル17を今日解体しました。

a0148456_21543221.jpg


無添加、無ろ過、無餌という環境でやってきましたが、なかなか思うようには行かず・・・

前景の水草の調子がよくありませんでしたね。

もっとキューバがもっさりとしてくれると良かったんですが、そんなことは一切なく、一時だけグロッソが調子良かったと思えばそれも伸び悩み・・・・

パールグラスとロタラ類はコンスタントにゆっくりと伸びず枯れずで維持できていました。

a0148456_21544437.jpg


最後まで生き残ったビー君。

はじめは5匹くらいいたエビも30度を超える酷暑の中、適応し切れなかった成体は散っていきまして、はじめ小さかったこいつが生き残ることになりました。

こいつはエビ養殖場に帰ってもらいましたとさ。

a0148456_21545431.jpg

a0148456_2155528.jpg


調子悪いグロッソの写真。

成長が悪くなり、枯れるペースのほうが上回ってしまったのでしょうかね。

原因はなんにせよ、あまり良い状態ではなかったです。

a0148456_2294460.jpg


小さいだけあって片付けが簡単でよかった^^;

エビを助け出して、水草を抜いて、ソイルを出して水ですすげばもう終わりですよ。

ろ過などの機材がないっていうのもミソですね。

ヒーターが無いので冬の間はこのままガラスのインテリアとして飾っておこうかな。(しまう場所が無いだけです^^;)
[PR]
by ab-acry | 2010-09-20 22:13 | 水槽観察
レッドビーシュリンプをはじめて早2年。

昨年の夏は300匹まで増えたエビが36匹にまで減るという大変な崩壊をしていましたが・・・・

今年の夏はそのようなこともなく無事に乗り切ることが出来ました。

a0148456_18314331.jpg

a0148456_18315846.jpg

a0148456_18321157.jpg

a0148456_18322261.jpg

a0148456_18323452.jpg

a0148456_18324929.jpg


きちゃない。

コケとモスが大変なことになっていますが、養殖場なのでしかたない^^;

そんなわけで、見てわかるとおり途切れることなく抱卵が続きつつ、一定の個体数を保っているようです。

何かの参考になれば良いな、と詳しい管理状況などをレポートしてみました。
細かい文字ばかりになるので、興味が無かったら飛ばしちゃってください^^;

・水温管理
エアコンはほとんどつけることなく、PC用ファンを加工した手作りファン2基を24時間水面に当てており、エアーカーテンも24時間つけていた。水温は26~28℃に保たれており、PCファンの効果は予想以上に高かった。

・照明関連
20wの蛍光灯を毎日8時間自動で点灯。窓の近くに置いているので昼過ぎから夕方にかけて少量の直射日光が入り込んでいる。そのため困ったことにガラス面のコケは元気がよい。

・ろ過関係
エーハイム2213にテトラブリラントフィルターを2つつなげているが、エアー混入のため2週間ほど機能していなかったがエビの成育には特に影響が無かった。エアーと大量のモスがあれば外部フィルターは必要ないのかもしれない。モスが茂ったり水槽が安定するまでの間はフィルターは必要だと思う。

・餌事情
エビの餌(名前は忘れたが”エビまっしぐら”を一回り小さくしたような餌)を毎日餌用のプラスチックスプーン半分を水槽の両端に撒いて与えている。合計すればスプーン山盛りいっぱいほどになるのだろうか。結構な量を与えているのにプラナリアなどはあまり発生していない。与えるえさの量にあわせてエビの量が増えてきたからだろうか?立ち上げたばかりのころは水を汚さないようにと極少量を与えていたが、そのころより今のほうがエビの数は増えたような気がする。与える餌の量に見合った量のエビが増えては減り増えては減りと数を調整していくうちにバランスがとれてくるのだろう。

・底床関係
ソイルなんて必要ない!!をモットーにして始めた水槽なので、使い古しのソイルとコントロソイルを混ぜて、底のガラスをぎりぎり覆う程度の量を入れている。真ん中のあたりはモスが茂りすぎていて手を加えることが出来ないが特に問題はないようである。モスの少ない餌を撒く水槽の端のあたりをホースで掃除するがあまり濃い汚水は出てこない。ソイルそのものが薄いためごみが溜まらないのではないだろうか。

・日常管理
毎週一度の5分の1程度の水換えとブリラントフィルター(スポンジフィルター)のもみもみのみ。水換えのときにバケツに出した水の中でスポンジを2つもむと驚くほどの汚水が出てくる。一週間でこれほどまでに溜まるのか。きっとこのフィルターが大いに活躍しているにちがいない。

・レイアウト
エビ養殖場なのでそんなもんはないッ!コケは出っぱなし、モスは茂りっぱなし、余った水草を適当に浮かべておいたりするのでマツモやリシア、ドワーフフロッグピット、ロタラなんかがモスに絡まっている。ミクロソリウムもはじめはほんのひとかけらだったがいつの間にかずいぶんと量が増えた。端の方にはアヌビアスナナも転がっているが成長はあまり芳しくない。

・添加剤
水換えのときは、水道水にカルキヌキ(結晶一粒)を入れているだけ。たまにそれすらも入れないときがあるが特に変りは無いと思う。ADAの”グリーンブライティ・スペシャルSHADE”を一滴水換えのときに水道水に混ぜるときもある。

・まとめ

モスがすごくってコケ汚い。でもエビが沢山いる。そんな水槽になっている、と思う。綺麗なエビを鑑賞するための水槽ではないですね^^;

PCファンの威力がすごい。あと高温(毎日30℃近く)になっていたオーバル17でも稚エビは生き残り大きくなっていたので環境に適応してしまえば高温もあまり怖くは無いのかもしれません。

スポンジフィルターのメンテナンスは面倒だけども大切だということがわかりました。去年は手をかけないほうがよいというスタンスで管理していたので、スポンジは常に詰まりっぱなし、水を汚さないためにえさもほとんど与えていませんでした。餌を与えないとエビは増えないんですね。当たり前っちゃぁ当たり前ですが^^;

あと、外部フィルターが機能していなくても問題ないというのは驚きでした。モスとエアーがあれば本当に大丈夫なんですね。

いつ見ても小さいエビが居るので抱卵は定期的にしているみたいです。そういえばこの間も舞っていました。そのわりにあふれるほどのエビが居ないので環境のキャパシティ以上には個体数は増えないみたいですね。


はい、以上です。字ばっかりですね。ひゃー


とまぁ、そんなわけで、今年は無事夏を乗り切ることが出来ました。

この水槽がどれだけ長く維持できるか、が今後の課題になりそうです。
[PR]
by ab-acry | 2010-09-16 20:33 | 水槽観察

残念な結末

ワビクサモドキ、それは私たちが自ら作ることの出来るオリジナルのわび草

今年の春希望にあふれて作ったモドキ一号は夏の気温ですくすくと育ち、

気が付けばジャングルになるほどの成長っぷりでした。
管理が追いついていないだけですね^^;

あれから数ヶ月、二度にわたる害虫の被害にあい一度はうまく撃退できたものの、

二回目の今回、夏の暑さにやる気を奪われ長い間水中に放置してしまったモドキたちは・・・・・





このような最後を迎えることとなってしまいました。(涙)







a0148456_22374611.jpg

a0148456_22375764.jpg


水中に放置されたことで巻いていた糸が腐食し根付いていた水草もそのほとんどが溶けてしまったため、このうに軽く握ると崩れるようになってしまいました。

a0148456_22391335.jpg


こちらは一回り大きなモドキ(左)と本物のわび草(右)の成れの果て。

何も生えていないベースほど寂しいものはありません・・・・

a0148456_22401974.jpg


そしてワビクサモドキには関係ないけれど、残念なことになってしまったキューバパールのお皿。
あんなに一面に茂っていたのに!!


これらの用土やワビクサモドキたちは、その後―――

a0148456_22413134.jpg


我が家の玄関先には天然のお皿(すごく浅いお皿のような岩)がありました。

そこに、トリミングのときにあまった水草を突っ込んでおいたらいつの間にやらビオトープっぽく水草が茂ってきまして。

今回失われてしまったモドキたちの残骸(主に用土)はこの岩の中に沈めることになりました。

a0148456_2245435.jpg


a0148456_2246128.jpg



うう、皆様にも結構支持をいただいていたワビクサモドキがこんな結末を迎えてしまうとは、

管理不足がなによりもいけません。

もう一度モドキを作ることになったら、今度は1つか2つだけにしてもっと大切に維持しようと思います。
[PR]
by ab-acry | 2010-09-08 22:53 | わびくさもどき

よさそうで、よくない

八月の初めにちょっと整理してからの30cube

a0148456_2065063.jpg


アクリルパイプが汚いのはご愛嬌ってことで・・・^^;

調子がよさそうで、でもやっぱり良くない状態なのです。

パールグラスは調子が良いんですけどねぇ

a0148456_207392.jpg


土壌の肥料バランスが悪い、ってことはわかるんですけど、どう対策をとっていいのやら

コケが出ないのは幸いですが^^;

a0148456_2084040.jpg

[PR]
by ab-acry | 2010-09-04 20:10 | 水槽観察

現状

壊滅寸前の水上栽培。

a0148456_7421134.jpg


a0148456_7422832.jpg


a0148456_7424445.jpg


a0148456_7425962.jpg


根元がずいぶんと古くなってきたので、今回うまく復活できたら植え替えを行おうと思ってます。

ここ最近、朝晩が冷え込むようになってきたので成長があまり芳しくありませんねぇ。
[PR]
by ab-acry | 2010-09-01 07:46 | 水上栽培