旧車(HONDA Z360)自転車など。気ままに。


by ab-acry

カテゴリ:フィルター( 18 )

発見!AGFボディ!

こんにちは、九月に入り朝晩はずいぶんと過ごしやすくなってきましたね。

相変わらず私の住む愛知県東部は昼間は30度超えるし夜も蒸し暑くて夏の気配を色濃く感じます・・・

さて、例のごとく気まぐれで某オークションをながめていると、素敵なものが出品されておりました。

a0148456_13134518.png


こちら、オールガラスフィルターのボディとなるガラス瓶ですッ!

めったに出品されるものではないのですがたまたま見つけることができました。いや、テンションが高くなりますw

以前紹介した時すでに実用している1つとストック4つを保有しているわけですが、どうもこの瓶を見るとほしくなってしまうのです^^;

今回出品されている瓶は10Lのタイプなのでかなり大きいです。

少々、いや、かなり高価ですがなんせメーカーから購入すると諭吉さん3人くらいは飛んでいくような瓶なのでこの価格でも十分お買い得なはず・・・・?

貴重なもの、と聞くとどうしても衝動的にほしくなってしまうのは私の悪い癖ですね^^;
[PR]
by ab-acry | 2012-09-09 13:32 | フィルター

名前が判明!

こんばんは、ちょいとうれしいニュースが飛び込んできたので報告します!!

先日、私がいつもZ360(レストア中の旧車・・・現在凍結中orz)でお世話になっているY氏から連絡をいただきました。

その内容は・・・・なんと・・・・・!!


AGFのボディであるガラス容器の名前が判明したとのこと!!

器具名は「下口瓶

そのまんまや・・・・あんまりにもそのまますぎて画像検索すらかけたことなかった・・・・^^;

なんでも、先日この瓶を紹介した記事で瓶にメーカー名が入っていたことから独自に調べた結果、判明したらしいです。

現在でも三商(SANSYO)という実験器具メーカーさんが販売しているようです。

こちら
下口瓶 摺合せ活栓付 白 10L」(科学器具の総合商社(株)三商さんのページ)

a0148456_2338384.jpg




まさに、先日紹介した10Lの瓶ですね、まさか現在も販売されているとは・・・

お値段なんと38700円

おぉ・・・・さすが実験器具、庶民にはとても手の出せない価格です・・・・


現在ではこの下口瓶はプラスチック製のものが主流になっているようで、インターネットで数分調べた結果によると国内では三商さんでしか取り扱っていないようです。


いやぁ、商品名がわかって現在でも入手しようと思えばいつでもできるということが分かった、これは入手方法がオークションに頼りっきりだったので非常にインパクトのある情報でした。

情報をいただいたY氏、あらためてありがとうございます^^;



でもまぁ・・・・
庶民には手の出せない価格(ADAのスーパージェットフィルター並)なので、結局はオークション頼りになってしまいますね^^;

(注:もし、この瓶の購入を考えている方は、オークションで「下口瓶」の名称で検索してもまず引っかからないので注意してください。私はいつもオークションでは「ガラス 試薬瓶」 or 「ガラス 実験」で検索をかけています。めったに出品されませんが、あまり需要はないので見つけることさえできればまず落札できると思いますよ^^;


>>>次回予告>>>>>

すごく久しぶりの次回予告!!

今週の頭に私用で名古屋に行くことになったので、前々から行きたいなぁと思っていたNature Gardenさんに立ち寄ることを決意!

ついでに瀬戸市の街を迷って観光してみたり!

詳細なレポートは次回の更新で!!

こうご期待!!

いつになるかはわからないけどね!!

ハイテンションな理由
→久しぶりにアクアリウム話に花を咲かせることができて、ちょっとモチベーションが上を向いているため。

[PR]
by ab-acry | 2012-01-11 23:47 | フィルター

巨大なガラス瓶

あけましておめでとうございます。

今年もacrylic-acuaをよろしくお願いします。

昨年同様今年も更新がまばらになってしまうと思いますが、気が向いたときにでも訪れていただけたら嬉しいです^^;


新年一発目の更新は・・・・・・こちらっ

a0148456_1617562.jpg


なんとっ、貴重なAGF:All Glass Filterの器となるガラス瓶が2つも手に入ったのです!!

しかもでかいっ!!!

a0148456_16302731.jpg


左から1L5L、そして新しく手に入れた10Lと20Lです。

a0148456_16341176.jpg
a0148456_16341979.jpg


ちなみに容量が10Lと20Lだと分かったのは理由がありまして、それぞれのボトルに10000と20000という数字が書かれていたからです^^;

大きさは以下の通りです。

@10L
高さ:
  容器の部分:36cm
  首の部分:8cm
  合計:44cm(栓は含まない)
周長:69cm(外周)
直径:22cm
容量:約13L

@20L
高さ:
  容器の部分:43cm
  首の部分:10cm
  合計:53cm(栓は含まない)
周長:87cm(外周)
直径:28cm
容量:約26L

@初代(5L)
高さ:
  容器の部分:26cm
  首の部分:6cm
  合計:36cm(栓は含まない)
周長:56cm(外周)
直径:17cm
容量:約6L
(容量以外は実測値)

初代AGF(5L)と比べるととんでもなく大きいことがわかります。

濾過容量20L・・・ふふふ、この圧倒的な容量があればメンテナンスフリー&安定した環境が得られるぞ!
60㎝水槽に使ったとしても一般的なエーハイム2213が濾過容量3Lなので約8倍の濾過容量!
すごい、60㎝水槽に2213を8機連結しているのと同じだなんて!

いやー、めったにお目にかかれないこの容器(しかもでかい!)を一度に2つも手に入れられるとは!
10Lの首の部分に空気抜きのための穴があけられていますが、以前と同様にエポキシ樹脂で埋めれば問題なしです!

新年早々いいものと出会えました。

まぁ、当分このボトルを使う機会はなさそうですが^^;

それでも手元において置くだけで幸せですよね。ただ窓際にに並べておくだけでかっこいいですし!

a0148456_1771832.jpg


これらのボトルを使った素敵な自作ろ過システムを実現することを夢見て、窓際のボトルを眺めようと思います^^;
[PR]
by ab-acry | 2012-01-03 17:09 | フィルター

たまには別の話題

相変わらずエビの死亡は続いていますが、たまには別の話題でも

a0148456_21543730.jpg


先日入札を忘れて落札できなかったガラス瓶ですが、出品者(ストア)に連絡を取ってみたところまだ購入することが出来るとのことで。

早速購入してしまいました。

この形の瓶をみつけると、どうしても欲しくなってしまうのがオールガラスフィルターマイスターの性なのです^^;



いやぁそれにしても、このフォルム!

a0148456_2158882.jpg


下の口は傷もなく大きなゆがみも無く綺麗ですし

a0148456_2159068.jpg


上の口には専用のすり合わせのガラス蓋もついていますし(使うときは外しますが)

a0148456_21594347.jpg


全体的にいい状態です!

これはいいものだ^^ (ほくほく


30ubeで実用しているAGF(All Glass Filter :オールガラスフィルター)と同じ大きさの瓶と並べてみると

a0148456_2243862.jpg


結構、いや、かなり小さいです^^;

直径10cmで高さ14cm程度の容量なので、ちょうど1Lくらいの大きさです。

比べて、大きいほうは5Lくらい入ります。

エーハイムの外部フィルターで例えると、
ろ材の入る量ではちょうど、2211が小さいほうで2215が大きいほうくらいですね。



アクアリウム勢力縮小中の今、すぐにこのフィルターを使うことは出来ませんが、
小さめの水槽を展開することになったらポンプなんかも揃えて、使いたいですね。

a0148456_22113592.jpg


うーん、机の上においておくだけでもちょっと気分がいい^^
[PR]
by ab-acry | 2011-02-05 22:13 | フィルター

今度はダブルタップか!

我が家のエビ養殖場のお飾りフィルター、エーハイム2213。

最近エア噛みが激しくってちょくちょくとまってたり、と調子が悪かったのでいろいろとしらべてみると。

a0148456_21154543.jpg


ダブルタップのパッキンが傷んで亀裂がはいってるじゃないか!

通りで最近いくらエアーを抜いても入ってくるわけだ。

そんなわけで、以前紹介したダブルタップレス方法をつかってみました。

a0148456_21191090.jpg


統一性がない上に水槽も綺麗にしてないのでかっこ悪いですが、まあ、いいかな。(笑)

さて、せっかくあるダブルタップなんだし、パッキンを探してみます^^;

きっと高いんだろうなぁ。
[PR]
by ab-acry | 2010-08-28 21:20 | フィルター

パイプ洗浄術

みなさんは汚れに汚れたリリィパイプをどのように洗浄しているでしょうか?

ADAの純正スプリングウォッシャーを使って軽快に洗う。
お金がないので100均のブラシで頑張る。
面倒なので最初から漂白剤にどぼん!

いろいろな洗浄方法がありますが、今回はab-acryのパイプ洗浄術を伝授したいと思います。

実はこれ、パイプ曲げのとき潤滑油のためにつかうサラダ油を洗浄するために考え出した洗浄方法なんですけどね^^;

まずは汚れに汚れたパイプをご覧ください!

a0148456_1811371.jpg

どんっ!
a0148456_1812382.jpg

ばんっ!
a0148456_1813482.jpg

じゃーん!

うわぁ、きっちゃない・・・・

ミニs水槽で使用中の密閉瓶フィルターを使った自作ろ過システム、この売りであるカッコイイ配管が台無しですよ、これはひどい。

続いてこちらも、

a0148456_1841289.jpg


30cubeで使用中のアクリルリリィパイプもこれじゃぁねぇ・・・・・せっかく綺麗に出来たラッパ口も台無しですわ。

このひどい汚れを亡き者にするために使用する道具はこいつらです。

a0148456_1854781.jpg


・自作洗浄器具、名づけて「スポンジウォッシャー」
*説明しよう!自作パイプ洗浄器具、スポンジウォッシャーとはab-acryがパイプ内の油汚れを洗浄するために考案した安価でよく効く洗浄器具なのだ!構造はいたってシンプル。ほつれないように先端を止めたステンレスワイヤーに木綿糸を結び、糸の真ん中のあたりに適度な大きさにちぎったスポンジを縛り付けただけのものです。値段はたぶんワイヤーの200円分くらい。安いね。

・激落ち君とかで有名なスポンジ、メラミンスポンジ
・パイプを作れるab-acryならではの贅沢な使い方、予備の吸水パイプ

と、あとは忘れちゃいけない
a0148456_1812832.jpg

我が家秘伝の漂白剤(笑)
*説明しよう!秘伝の漂白剤とは前回つかった漂白剤をお酒のボトルに入れて何度も使っているだけの、ただの漂白剤なのだ!何度も使えるってすばらしい。

道具の紹介も終わったので、早速洗っていきます。

つながったままでは洗いにくいのでシリコンチューブを外してばらします。

おおっと、そうだ、ポンプを止めているフィルターの中の微生物が酸欠で死んでしまわないようにフィルター内の水を抜いておかなければ。
a0148456_18232987.jpg

じゃーっとな。

お待たせしました、それではスポンジウォッシャーの使い方の説明を。

手順1、ワイヤーをスポンジに通す。
a0148456_18153912.jpg

はい、通りましたー。

手順2、ワイヤーを通して糸が出るまで引っ張る。
a0148456_18164862.jpg

はい、ひっぱりましたー。

手順3、糸を引っ張ってスポンジをパイプの中に。
a0148456_18175991.jpg

入ってますねー、ちょうど真ん中くらいまで来てます。

手順4、時折スポンジを出して水ですすぎつつ、なんどもゴシゴシする。





結果。





a0148456_18185093.jpg

じゃーん!

この通り!すごいぜスポンジウォッシャー!200円とは思えない働きだ!

しかもスポンジなのでゴシゴシしてもアクリルをキズつけてしまう心配はありませんよ、ワイヤーを通すときもしっかりほつれないように止めてあるので傷つかないのです。

ワイヤーでは通しきれない曲がりがあるときは、掃除機が活躍します。

a0148456_1825628.jpg


糸を片方のパイプの端にセットしておき、掃除機で吸いますと、

a0148456_18255262.jpg


はい、この通り。

この発想はエアパイプ内の洗浄のときにも使っている方法ですね。

どうだ、すごいだろう!


しかし、万能のように見えるこのスポンジウォッシャー君にも洗えないパイプがありまして。
両端が開いているパイプしか洗えないのです^^;
なので吸水パイプは別の方法で洗います。

a0148456_18265721.jpg


まずコケの付いたパイプを熱湯にくぐらせます。

a0148456_18274138.jpg


茶ゴケが鮮やかな緑色に!

こうすることで多少コケの細胞が壊れて分解しやすくなる、のではないかと勝手に思い込んでいます^^;

使っていない花瓶に漂白剤を入れて、どぼん。

a0148456_18284934.jpg


このまま一週間くらい漬けっぱなしにしておきます、その間は予備の吸水パイプを使っておくわけです。

短いジョイント用のシリコンチューブやパイプは100均のブラシでささっと洗って、

a0148456_18294245.jpg


完了!

続いてアクリルリリィの洗浄をしましょう。

a0148456_18312216.jpg


メラミンスポンジをちぎって水で流しながらコケを落とします。
これがまた、面白いように落ちるんですよ。アクリルには傷が付かないのにコケは落ちる。

a0148456_18321889.jpg


この通り!

またまたスポンジウォッシャーが活躍しまして、

a0148456_18325771.jpg


じゃーん!もう新品同様だぜ!

a0148456_18333233.jpg


いやぁ、パイプが綺麗だと心なしか水槽の中も綺麗になったような気がしますね!

スポンジウォッシャーは結構力技でスポンジを引っ張ったりするのでガラス製の本物のリリィで使うときはスポンジをチョイ小さめにして余裕を持って使ってくださいね。

メラミンスポンジはお勧めですよ!水槽面のコケ落としにも活躍しますので洗浄道具のエースです。


こんな手間を掛けて掃除をしても1月もたてばまた元通りになってしまうのが残念です^^;
パイプがいつまでたっても綺麗なままの水槽って今までできたためしがありません・・・。

・・・、あ、照明をつけていない古代魚たちの120水槽はコケ知らずでした(笑)





::::::::::::::

朝、家の周りのカメがいけそうなところは一通り探してみましたが見つかりませんでした。
残念ですが、彼女(メスのカメでした)はもう帰らぬカメとなってしまいました・・・・;m;

[PR]
by ab-acry | 2010-05-04 18:50 | フィルター
コケまみれで残念なことになってしまった30cube水槽。

そのオールガラスフィルターへとつながるシリコンチューブも案の定コケってます。

a0148456_2036070.jpg


さて、本日はコイツをあっという間に綺麗にする方法をご紹介しましょう!

とかなんとか言ってますがたいしたことじゃぁないんで期待しないでくださいな^^;

a0148456_20361547.jpg


まずはじめにチューブの汚れているところをつまみます。

a0148456_20362710.jpg


次にチューブをつぶします。短時間で終わるのでポンプは止めなくてもいいですよ。

そのまますりすりして・・・・・

a0148456_20363886.jpg


ほら!擦ったところが綺麗になってるでしょう!

a0148456_20371387.jpg


同じ方法でチューブ全体を擦るとあら綺麗。

どんなにこけていてもやわらかいシリコンチューブならこうやって掃除することが出来るんです。


ホースの中が汚くって困っているというそこのあなた、ちょいと割高ですがシリコンチューブを導入してみてはいかがでしょうか!

やわらかく良く伸びるのでちょっと径がほそいチューブでも使えますよ!

ちなみにウチでは13mmのアクリルパイプに9/12mmのチューブをつけています。


*あんまりこの表現は使いたくないのですが、念のため・・・・”参考にするのは一向に構わないけど自己責任でお願いします”

[PR]
by ab-acry | 2010-04-30 20:46 | フィルター

原因不明の

オールガラスフィルターを水槽の隣に設置し、負圧(吸い込む圧)で使用している我が家のろ過瓶。

ここ何日か使用してみてわかったことがあります。

a0148456_18193267.jpg


いつの間にかろ過瓶のなかの水位がさがっとる!

吸水パイプと排水パイプは水槽の中に浸かっているし、ホースの接続が弱くて空気が入り込むような場所もない。
空気が入るということは水が出るということを考えても水が漏れている形跡はない。

原因、不明・・・・

うーむ、なぞです。

そのわりに対処法は簡単でして、

まずフィルター上のシリコンチューブをコックで閉めて、開放します。

a0148456_18201285.jpg


おっと、このときちゃんとポンプの電源を抜いておくことをお忘れなく。

a0148456_18204632.jpg


あとは勝手にサイフォンで水槽と水位が同じくらいになるまで待って、

a0148456_1821033.jpg


元に戻してポンプの電源を入れれば完了。

乾燥していた軽石をろ材瓶に入れたので中の気泡が出てきたのかもしれません。

まぁ、そんなに重大な問題ではないんですけど^^;


::::::次回予告!!::::::::
水上栽培や新規立ち上げをした水槽の中、水草たちが根っこを張ることに躍起になっているこの時期。

あいつらだけはもうすでににょきにょきと成長をはじめていた!!!

a0148456_18245822.jpg


あらかじめ根っこを張っているだけのことはあるじゃないか!

そしてわたしの制作意欲がなにかを告げた。

『「わびくさもどき」を作るしかない』

次回、「もどきですけどつくってみました」に乞うご期待!!

とりあえず完成品の写真を一枚。

a0148456_18283668.jpg

[PR]
by ab-acry | 2010-03-21 18:29 | フィルター

コンパクトに・・・・

さてさて、今度はCO2やエアーをホース内に添加する「強制添加器」を自作してみましたよ。

a0148456_21425355.jpg


いろいろなところで見かける強制添加器ですねぇ、T字のジョイントに逆流防止弁を取り付けて、中にメラニンスポンジ拡散器(激落ち君をエアチューブに詰めたもの)を取り付けただけの代物です。

白いジョイントを使ったのでシリコンチューブに似合いそうです^^






・・・・・・・・・毎度アクリルでコンパクトだのシンプルだのにこだわってアイテムを作ってきた私がこんなもので満足するわけないじゃないですかっ!!(爆

シンプル イズ ザ ベストだこのヤロウ!!

というわけで、あらためて作ったものがこちら。

a0148456_21483051.jpg


単なる13mmのパイプに穴を開けて5mmのパイプを挿してアクリル用ボンドで接着しただけのものですね、はい。

a0148456_21484444.jpg

並べてみると小さいことがわかります。

a0148456_21491125.jpg

ちゃんとメラミンスポンジを詰めてあるので拡散器の役割も果たしますよ?
スポンジが汚れてしまったら爪楊枝で押し出して、また詰め替えればOK!

a0148456_21501597.jpg


ホースにつなげるとこんな感じになります。うむ、シンプルだ!

これでホース内にエアーやCO2をコンパクトに添加することができますね、相変わらず使う水槽がないのですけど。
ああ、早く新しい水槽を立ち上げたい・・・

::::::::::::

前回の記事で紹介した穴あきボトルのガラス瓶3号。

a0148456_21555612.jpg


ホームセンターでエポキシ樹脂系接着剤を購入してきて早速穴埋めをしてみました。

a0148456_21561073.jpg


ガムテープで壁を作っておいて、樹脂を流し込みました。

透明なものなので気泡が出なければ目立たなくなるかなぁと淡い希望を抱いていましたが、現実はそう甘くはありませんでした・・・

駄菓子の「練りあめ」ってわかりますか?
二つの液を混ぜ合わせるときの感覚がまさに「練りあめ」を練っているような感じで、空気を入れないようにゆっくり混ぜましたが結局は空気が入ってしまいました・・・orz

温度の低い冬場なので完全に硬化するまで3日くらい掛かるそうで、固まったら表面の凹凸をなくすように削る予定です。あと、ゴム栓も買わねばなりませんね。

・・・・・・お財布が軽くなる一方です。(泣
[PR]
by ab-acry | 2010-02-05 22:08 | フィルター

三号

オークションにてオールガラスフィルターのボディとなりうる、下にも口のあるガラス試薬瓶が出品されていたので条件反射で落札してしまいました。

そして今日、ボトル三号が到着したのです!

紹介しよう、こいつが三号だっ!

a0148456_23362771.jpg


うーむ、なかなかいい感じ^^

一号よりもガラスが薄くて、どちらかと言うとただの試薬瓶である二号に近い形状です。

a0148456_23363659.jpg


下の口も一号より一回り小さい小ぶりな感じ。

ガラスも厚くて全体的にがっしりしている一号に比べてひ弱な印象をのぞけば満足のいく品ですn・・・・・

・・・・・ん?

a0148456_23364684.jpg


んんっ?

上の口の部分になんか小さな穴があいとるー!!!??
瓶が届いてから気が付きました。
すぐに出品者の方に連絡をすると、記載ミスで穴について触れていなかったとのこと。
出品時のミスだったので送料の分を返金していただくことになりました。
出品者の方に丁寧な対応をしていただいて助かりました。

いやぁー、オークションてこういうこともたまにあるので困りますね。

穴はエポキシ樹脂系の接着剤で固めて埋めることにします。

a0148456_23365414.jpg


我が家のボトルはついに3っつになりました。

相変わらず設置する水槽がないので、ストックボトルがまた増えてしまいます。

いけませんなぁー!はっはっは(←懲りてない
[PR]
by ab-acry | 2010-02-03 23:51 | フィルター