旧車(HONDA Z360)自転車など。気ままに。


by ab-acry

z360で車中泊

こんにちは、遠距離ドライブに憧れているab-acryです。

宿泊が必要なロングドライブで、一夜を明かす方法は限られてきます。
宿をとるか、知り合いの家に泊めてもらうか、はたまた屋根のある東屋で寝袋に包まるか、テントを張ってのキャンプ…

宿をとるのが最も楽ですが、お金がかかり、宿泊地と時間に制約が出てしまう。
テントでの一泊は、場所を確保して、テントを張って、寝袋を用意してと手間がかかるうえに、テントをはれる場所は限られます。高速のパーキングなどでは、勝手にテントを張るわけにはいきません。

行けるところまで行って、堂々とお金をかけずに、手軽に一泊する…。私が車中泊に憧れる理由はここにあります。
キャンプもそれを目的にするならとても楽しいですが、いかんせん場所の確保が難しい(^^;;
a0148456_20511984.jpg



そんなわけで、車中泊がしたい。
しかしながら、我が愛車のz360は昔の軽自動車の規格で作られているため、とても狭い車です。
シートをリクライニングしても、後部座席にあたってフラットなるまで倒せず、後部座席は構造上後ろに倒すことが出来ません。


座席を外して空っぽにしてやれば、中肉中背の男性が横になる空間はあるのです。

ならば!

座席を外して台を作り、板を張って車中泊できる設備を作ろうじゃないかと!

座席を外してどうやって作ろうかと、ウンウン唸って入るときに、そんな時に、閃いたのです。

座席って、前後逆に設置できるんじゃないか?

a0148456_20511913.jpg


a0148456_20511948.jpg


はまったー!!設置できたー!!

座席の固定部分をやや曲げてやらないといけないのですが、どんぴしゃで設置できます。

a0148456_20512016.jpg


z360はグローブボックスの下の空間がわりと広いので、足を突っ込むとこんな感じになります。

背もたれをリクライニングするとほぼフラットになり、後部座席とその高さがほぼ同じになり、そしてそれらがどこにも干渉せずに設置できる…。
これはもはや、あらかじめこのように使うようにデザインされたとしか思えない!!

まさか、あの狭い車内で、車内にある物だけで、加工もなく、車中泊ができる環境を作れるとは。これは大発見です!!

夢だった北海道北端から九州南端まで、日本縦断の旅が実現できそうだ!

老後まで、とても待っていられない(^^






[PR]
by ab-acry | 2015-11-22 16:38