旧車(HONDA Z360)自転車など。気ままに。


by ab-acry

自転車修理レポート1:「分解」

次回予告をしたからにはちゃんと投稿せねば(^^;

ということで、自転車修理レポート1、分解編です。
前に投稿した内容と若干かぶるところもありますが、そこはおさらいということで(^^;

a0148456_168266.jpg


こちらが再生前の自転車「パナソニック スプリングボックNF」。クロモリフレーム。

今ではほとんど見かけないと言う「バタフライハンドル」を標準装備したマウンテンバイクとのこと。

状態としては、
前輪・後輪共にタイヤの劣化、パンク。シフター破損、シートポストの固着、各部の発錆などなど。

変速機構の取り換えを行うとシリーズもので前後のディレイラー(変速機)とシフターも取り替えなければならなくなるので、変速機構は修理の対象から外しました。

a0148456_16145766.jpg


とりあえず前輪と後輪、フォークも外して、前後のディレイラーを外して・・・

a0148456_16162536.jpg


さっぱりしました。

問題はここから。
クランクとその軸となるBB(ボトムブラケット)は一般的な工具では取外しできません。
固着したシートポストも一筋縄ではいかない模様。

a0148456_1618710.jpg


とりあえず自転車屋さんに持ち込んで分解してもらい、必要な工具を教えてもらってついでに分解の仕方なんかのレクチャーを受けてきました(笑)

自転車を分解するには写真のような専用工具が必要とのことでした。
次に使うのは組み立てるときなので、実際に工具をそろえたのはずいぶん後になりました(^^;

左から、チェーン切、コッタレスクランク抜き、BB外し工具、スプロケット外し工具、スプロケットロック、ニップル回し、です。
すべての自転車が共通の工具でばらせるわけではないので結構工具についても勉強しました。

ちなみに、自分の自転車と全く同じ部品を使った自転車をレストアしている記事がたまたまインターネットにUPされていたので、参考にしながら工具類を集めました。

さて、お次はシートポスト。

a0148456_16184225.jpg


自転車屋さんでも、こればっかりはもうお手上げで、過去に泣く泣く切断した経験がある等いろいろとお話を聞かせてもらいました。

が、そんなことであきらめる私ではないので(^^;

インターネットで情報を収集して以下の方法を取りました。

1、CRCを毎日かけてゆっくりしみこます(3日くらい)
2、熱湯ををかけてからの急冷(アルミとクロモリの熱膨張係数の違いを利用。塗装が痛む覚悟の上です(^^;))
3、パイプレンチ(シートポストに歯型が付くことはやむなし。)

a0148456_16284885.jpg


抜けたー(´ワ` )

もうだめだとか、あきらめるしかないとか、かくなるうえは持久戦(シートポスト切断後、ポストの残骸を金鋸で除去)しかないとか言われてたわりに、あっさりと抜けました。

その代償としてシートポストはパイプレンチの歯型でギザギザにささくれ立ち、かなり危険なものになってしまいました。まぁ、削り落として磨けばなんとか使えるでしょう。

クロモリ(鉄)とアルミが長期にわたって接触していたことが腐食の原因だということで、さびをきれいに落としてグリスを塗りたくってやれば何とかなるそうです。

a0148456_16352221.jpg


こちらがBB(ボトムブラケット)

a0148456_1637453.jpg


さて、本体に張り付けてあるメーカーのロゴなどのシール。
残しておいてもよかったのですが、部分的にはがれていたりしたのがカッコ悪かったので全部剥がすことにしました。
ドライヤーで温めながら剥がすとするするはがれるというので、実際にやってみると・・・

a0148456_16372099.jpg


ほんとにはがれたー(´ワ` )

a0148456_16393256.jpg


そんなわけでバラバラになった自転車。
部屋の片隅において置くと場所を食うので、壁にぶら下げることにしました。
これで省スペースかつ、なんかアンティークっぽくてかっこいい!

大きな単位の分解はここまで。
あとは、車輪をリム(外輪)とスポーク(棒)とハブ(軸受)にばらしたり、
スプロケット(歯車)とフリー(歯車のところにあるラチェット機構)にばらしたり、
さらには、フリーとBBをばらしたりと、分解は続きます。

が、あまり写真を撮っていなかったので、車輪の分解状況くらいしか公開できるものがありませんでした(^^;

a0148456_1648166.jpg

a0148456_16484860.jpg

a0148456_1649156.jpg

a0148456_16494196.jpg

a0148456_16492762.jpg

a0148456_16494245.jpg


汚い・・・

ちなみに、車輪をここまで分解するために必要な特殊工具は、ニップル回しとスプロケットロックとスプロケット外しです。

残るはフリー部分とBBの分解。
フリーの分解工具は現在では販売していないと言うことで、やるならば自作。
BBの分解はメーカー推奨でないものの、六角のナットで固定されているだけなので特殊工具は必要ないのですが、いかんせんナットの固着が手ごわく手持ちの工具では分解できず。



というわけで、次回予告。

自転車修理レポート2:「分解工具等作成」
フリーの分解工具を自作。あと、BBを分解するために購入した便利工具「プライヤーレンチ」の紹介。
あと、ついでに部品の洗浄の記事も。

お楽しみにっ!
[PR]
by ab-acry | 2014-03-25 17:03 | 自転車