旧車(HONDA Z360)自転車など。気ままに。


by ab-acry

パイプ洗浄術

みなさんは汚れに汚れたリリィパイプをどのように洗浄しているでしょうか?

ADAの純正スプリングウォッシャーを使って軽快に洗う。
お金がないので100均のブラシで頑張る。
面倒なので最初から漂白剤にどぼん!

いろいろな洗浄方法がありますが、今回はab-acryのパイプ洗浄術を伝授したいと思います。

実はこれ、パイプ曲げのとき潤滑油のためにつかうサラダ油を洗浄するために考え出した洗浄方法なんですけどね^^;

まずは汚れに汚れたパイプをご覧ください!

a0148456_1811371.jpg

どんっ!
a0148456_1812382.jpg

ばんっ!
a0148456_1813482.jpg

じゃーん!

うわぁ、きっちゃない・・・・

ミニs水槽で使用中の密閉瓶フィルターを使った自作ろ過システム、この売りであるカッコイイ配管が台無しですよ、これはひどい。

続いてこちらも、

a0148456_1841289.jpg


30cubeで使用中のアクリルリリィパイプもこれじゃぁねぇ・・・・・せっかく綺麗に出来たラッパ口も台無しですわ。

このひどい汚れを亡き者にするために使用する道具はこいつらです。

a0148456_1854781.jpg


・自作洗浄器具、名づけて「スポンジウォッシャー」
*説明しよう!自作パイプ洗浄器具、スポンジウォッシャーとはab-acryがパイプ内の油汚れを洗浄するために考案した安価でよく効く洗浄器具なのだ!構造はいたってシンプル。ほつれないように先端を止めたステンレスワイヤーに木綿糸を結び、糸の真ん中のあたりに適度な大きさにちぎったスポンジを縛り付けただけのものです。値段はたぶんワイヤーの200円分くらい。安いね。

・激落ち君とかで有名なスポンジ、メラミンスポンジ
・パイプを作れるab-acryならではの贅沢な使い方、予備の吸水パイプ

と、あとは忘れちゃいけない
a0148456_1812832.jpg

我が家秘伝の漂白剤(笑)
*説明しよう!秘伝の漂白剤とは前回つかった漂白剤をお酒のボトルに入れて何度も使っているだけの、ただの漂白剤なのだ!何度も使えるってすばらしい。

道具の紹介も終わったので、早速洗っていきます。

つながったままでは洗いにくいのでシリコンチューブを外してばらします。

おおっと、そうだ、ポンプを止めているフィルターの中の微生物が酸欠で死んでしまわないようにフィルター内の水を抜いておかなければ。
a0148456_18232987.jpg

じゃーっとな。

お待たせしました、それではスポンジウォッシャーの使い方の説明を。

手順1、ワイヤーをスポンジに通す。
a0148456_18153912.jpg

はい、通りましたー。

手順2、ワイヤーを通して糸が出るまで引っ張る。
a0148456_18164862.jpg

はい、ひっぱりましたー。

手順3、糸を引っ張ってスポンジをパイプの中に。
a0148456_18175991.jpg

入ってますねー、ちょうど真ん中くらいまで来てます。

手順4、時折スポンジを出して水ですすぎつつ、なんどもゴシゴシする。





結果。





a0148456_18185093.jpg

じゃーん!

この通り!すごいぜスポンジウォッシャー!200円とは思えない働きだ!

しかもスポンジなのでゴシゴシしてもアクリルをキズつけてしまう心配はありませんよ、ワイヤーを通すときもしっかりほつれないように止めてあるので傷つかないのです。

ワイヤーでは通しきれない曲がりがあるときは、掃除機が活躍します。

a0148456_1825628.jpg


糸を片方のパイプの端にセットしておき、掃除機で吸いますと、

a0148456_18255262.jpg


はい、この通り。

この発想はエアパイプ内の洗浄のときにも使っている方法ですね。

どうだ、すごいだろう!


しかし、万能のように見えるこのスポンジウォッシャー君にも洗えないパイプがありまして。
両端が開いているパイプしか洗えないのです^^;
なので吸水パイプは別の方法で洗います。

a0148456_18265721.jpg


まずコケの付いたパイプを熱湯にくぐらせます。

a0148456_18274138.jpg


茶ゴケが鮮やかな緑色に!

こうすることで多少コケの細胞が壊れて分解しやすくなる、のではないかと勝手に思い込んでいます^^;

使っていない花瓶に漂白剤を入れて、どぼん。

a0148456_18284934.jpg


このまま一週間くらい漬けっぱなしにしておきます、その間は予備の吸水パイプを使っておくわけです。

短いジョイント用のシリコンチューブやパイプは100均のブラシでささっと洗って、

a0148456_18294245.jpg


完了!

続いてアクリルリリィの洗浄をしましょう。

a0148456_18312216.jpg


メラミンスポンジをちぎって水で流しながらコケを落とします。
これがまた、面白いように落ちるんですよ。アクリルには傷が付かないのにコケは落ちる。

a0148456_18321889.jpg


この通り!

またまたスポンジウォッシャーが活躍しまして、

a0148456_18325771.jpg


じゃーん!もう新品同様だぜ!

a0148456_18333233.jpg


いやぁ、パイプが綺麗だと心なしか水槽の中も綺麗になったような気がしますね!

スポンジウォッシャーは結構力技でスポンジを引っ張ったりするのでガラス製の本物のリリィで使うときはスポンジをチョイ小さめにして余裕を持って使ってくださいね。

メラミンスポンジはお勧めですよ!水槽面のコケ落としにも活躍しますので洗浄道具のエースです。


こんな手間を掛けて掃除をしても1月もたてばまた元通りになってしまうのが残念です^^;
パイプがいつまでたっても綺麗なままの水槽って今までできたためしがありません・・・。

・・・、あ、照明をつけていない古代魚たちの120水槽はコケ知らずでした(笑)





::::::::::::::

朝、家の周りのカメがいけそうなところは一通り探してみましたが見つかりませんでした。
残念ですが、彼女(メスのカメでした)はもう帰らぬカメとなってしまいました・・・・;m;

[PR]
by ab-acry | 2010-05-04 18:50 | フィルター