旧車(HONDA Z360)自転車など。気ままに。


by ab-acry

やせ細ったスポガー

スポッテッドガーパイク

大型化するガーのなかでは最大全長60cmくらいと比較的小型で、大型魚初心者の方からマニアの方まで幅広く飼育されている大変メジャーな古代魚さんです。

その貪欲な食欲は数十匹の金魚をたった数日で食い尽くしてしまうほど。

硬い鱗で覆われたその体はめったなことがない限り病に侵されることはなく、ガーが病気になる環境といえば他の魚はみな病に倒れるほど汚れているといわれています。

つまり、とても丈夫な魚なのです。

なのです・・・・。

a0148456_1953512.jpg


a0148456_19531693.jpg


なんで我が家のガー君はガリッガリで白点病にかかっているんだああああ!!!


実のところ、このガー君たちはなぜか去年の夏?ごろからえさを全く食べなくなりそれから半年、いやそれ以上何も食べていないのです。

本来ならペンギンのようにぷっくりと太るはずのガーがこんなにもやせているなんて・・・・

なので120水槽を手作りのセパレーターで仕切り、活餌を投入しています。

セパレーターなしで活餌を与えると元気のいいポリプテルスにみんな食べられてしまうので隔離の必要があるんです。

はぁ、何で餌食べてくれないのかなぁ・・・・・

昔は近づけばよってきてくれたのに、今では全くの無視ですよ。(涙)

どうか、えさをもりもり食べてなついていたあの頃のガー君に戻ってくれますように!
[PR]
by ab-acry | 2010-04-20 19:58 | 水槽観察